ネットビジネスをやるんだったら、クレジットカードは必須アイテムです。

 

例えば、サーバーやドメインなど、ビジネスにかかる毎月の維持費を自動的に決済したい場合、カードが必須のサイトも存在しています。

ビジネスに必要な物が出て来た時に、カードの方が購入が簡単だったりもします。

何かにつけて、ネットビジネスをする上でカード決済が出来ないのは不便なんです。

 

でも人によっては、諸事情でクレジットカードが作れないとか、クレジットカードは怖いから使いたくないと思っている人もいますよね?

かく言う僕も、諸事情によりクレジットカードが作れない人の一人です。(僕がクレジットカードを作れない諸事情は僕のプロフィールにてお話ししています。)

 

実は、そんな人の為に『安心・安全』で『誰にでも作れる』カードがあるんです。

それが【デビットカード】

 

今回はそんなデビットカードについて解説していきましょう。

デビットカードとはいったい何?

 

最近テレビでCMが流れているので『名前は知っている』という人も多いかもしれませんね。

 

デビットカードとは『クレジットカードカード同様に使えるカード』なんです。

そして、デビットカードは基本的に『審査』というものがありません。

だから、どんな人でも作る事が出来るんです。(一部の会社では「15歳以上」などの規定はあったりします。)

 

もちろん、クレジットカードと同様に使う事が出来るので、ネットショッピングのクレジット決済などにも使う事が出来ますし、サーバーやドメインなどの代金支払いでカード決済に使う事も出来ます。

また、サーバーなどの『自動更新設定』等をする事も出来ます。

 

では、クレジットカードとデビットカードって一体何が違うのでしょうか?

 

クレジットカードとデビットカードの違い

 

クレジットカードとデビットカードの最大の違いは、お金が『後日引き落とされるか・即時で引き落とされるか』です。

 

クレジットカードは、買い物時にカードを通した際、一旦クレジットカード発行会社が代行して、お店にお金を払ってくれます。

つまりは一時的にカード発行会社に借金する訳です。

そして、後日自分がカード発行会社にお金を払う。という仕組みをとっています。

 

だから、買い物をする時にお金を持っていなくても買い物が出来ますし、料金支払いを分割にする事も出来るんです。

カード発行会社側は、代行して支払ったお金をちゃんと返してもらわないといけないので、当然『ちゃんと支払い能力があるのか?』という審査も必要になって来ます。

 

これに対して、デビットカードはカード発行会社が代行で料金を支払ってくれる訳ではありません。

カードを通すと、支払い設定をしている銀行の口座から即時でお金が引き落とされます。

 

ですから、デビットカードを利用して買い物をする際は、銀行口座に商品やサービスを購入出来るだけのお金が入っていないと、そもそも使う事が出来ません。

もちろん、代行して払ってくれる人がいないので、分割払いも出来ません。

後は、デビットカードにはETCやキャッシングの機能もありません。

 

ですが、カード発行会社が料金支払いを代行する必要が無い為、審査も必要ありません。

 

クレジットカードとデビットカードの違いをまとめる

・デビットカードは決済完了時に銀行から即時でお金が落ちる

・デビットカードの支払い回数は原則1回払いのみ

・デビットカードはETCやキャッシング機能が付いていない

・デビットカードは審査なし!誰でも作れる

 

という事になりますね。

デビットカードを作るメリット

デビットカードを作ることによって、一体どんなメリットがあるのか?について解説していきますね。

クレジットカード決済が出来る

やはりデビットカードの一番のメリットはこれではないでしょうか?

 

クレジットカード決済でしか支払いが出来ない。

クレジットカードが無くても支払いは出来るけど、他の支払い方法だと手数料がかかる。

クレジットカードが無いと、自動支払い設定が出来ない。

 

これらの状況に遭遇した時、クレジットカードが無かったら、大変ですよね?

実際、ネットビジネスをする中でも、カード決済を求められる場はあります。

 

冒頭でもお伝えしましたが、『レンタルサーバー』や『独自ドメイン』を取得した際の自動更新がそうです。

レンタルサーバーは毎月、独自ドメインは年1回の利用料を支払わなければ利用停止になってしまいます。

だから、ネットビジネスをする人間にとって、サーバーやドメインの利用料を払い忘れる訳にはいかないんです!

 

レンタルサーバーや独自ドメインの支払いを忘れない様に、自動更新をかける事も出来るのですが、その設定にクレジットカードが必須だったりします。

そんな時、クレジットカードがなくても代わりに自動更新決済をしてくれるデビットカードは、非常にありがたい存在なんですよね。

使いすぎの心配が無いから安心

「クレジットカードは怖いから持ちたく無い」

そんな風に思う人も結構いるんじゃ無いでしょうか?

 

『クレジットカードによる使いすぎで破産』なんて話もよくありますから、怖いイメージを持つのも仕方ないのかもしれませんね。

 

でも、デビットカードならそんな心配がありません。

というかそもそも、デビットカードはその性質上、口座に入っている金額以上に使う事が物理的に出来ません。

 

クレジットカードなら、その時お金を持ってなくても使う事が出来るので「気が付いたら返済で首が回らない・・・」なんて事もあるかもしれませんが、それが出来ないデビットカードは『安心ストッパー』が付いているようなものです。

 

クレジットカードが怖い人にも、デビットカードはオススメですよ。

デビットカードは誰でも作れる

デビットカードの良いところは審査無しで誰でも作れるという事です。

クレジットカードとデビットカードの違いで詳しいことはお話したので、あまり長々と書くのは避けますが、これがどれだけありがたいことか・・・。

 

特に、僕は諸事情により結構若い時からクレジットカードが作れなかったので、色々困った事があったんです。

でも、デビットカードの存在を知ってからは解決して、正直かなり助かりました。

デビットカードってどうやって作るの?

 

デビットカードは、そのカードの引き落とし口座になっている銀行から発行されている事がほとんどです。

例えば、楽天デビットならば、楽天銀行から。

三菱東京UFJデビットならば、三菱東京UFJ銀行から発行されています。

 

つまり、デビットカードを作成するにはその銀行の口座を作成しないといけません。

 

既に持っている銀行口座のデビットカードを発行する場合はあなたの発行したいデビットカードが対応する銀行にお問合せをして下さい。

 

もしあなたが、既存の口座とは別にネットビジネス専用の口座が欲しいと考えていたり、デビットカード発行用に別の口座を作る事をお考えであれば『ネットビジネス専用の銀行口座を作るメリットとネット銀行(ネットバンク)口座の作り方』という記事を参考にして頂ければと思います。

口座開設からデビットカードの発行まで解説しています。

 

まとめ

今の世の中はネット社会になってきているのでカード決済が出来ないと非常に不便な世の中になってきましたよね?

 

デビットカードがあれば、安心・安全にどんな人でもカード決済を利用出来る様になります。

是非、最低1枚は作っておく事をおススメしますよ。

(ちなみに僕はプライベート用とビジネス用の2枚持っています)

 

おまけ

もしもあなたが「分割払いで買い物をしたい」とか、「ETCカードを作りたい」と思ったら、やっぱデビットカードでは無くクレジットカードが必要になります。

でも、諸事情によってクレジットカードは作れない・・・。

 

そんな状況でも、一つだけ方法があります。

僕もその方法で、クレジットカードやETCカードを所持してます。

 

どうすれば良いのかというと『家族カード会員』になることです。

 

通常クレジットカードはカード名義の方の口座から引き落としがかかります。

ですが、家族会員は、家族の口座からお金を引き落とす契約になるんです。

 

例に出して言いますと、我が家では僕の奥さんがカード本会員、僕が家族会員です。

僕と奥さんはそれぞれ自分名義のクレジットカードを持っていますが、奥さんがカードを使っても、僕がカードを使ってもそのお金は奥さんの口座から引き落とされます。

 

クレジットカードの審査は、本会員のカードを作成する際に行われるんですが、家族会員のカードを作成する場合は一応程度にしかありません。

 

家族カードを作成する場合、本会員は奥さんや旦那さんなどの配偶者だけでなく、親御さんなどでも大丈夫です。

ただし、この方法でクレジットカードを作成する場合、本会員さんの説得が必要になってきますので、どれだけ本会員さんの信頼があるかがポイントになってきます。

もし、家族カードを作ろうと思うのなら本会員さんの説得を頑張って下さいね(;’∀’)

 

それでは、失礼いたします。