今回はネットビジネスで必須になってくる

ネット銀行についてのお話しです。

 

ネットビジネスをしているとインターネットを通じて必要な物を購入したり、

また、自分の取り組んだビジネスの報酬が振り込まれたりと

お金のやり取りをする事が増えていきます。

 

その時に、インターネット上で操作をするだけで

スムーズにお金のやり取りが出来る

『ネット銀行』が大変便利なんですよ(*^-^*)

 

また、普段のお金とビジネスで必要なお金を『分ける』という意味合いからも

ビジネス専用の口座として、ネット銀行に口座を持つことをおススメします。

 

そもそもネット銀行ってなに?

 

ネット銀行とは、

『対面接客の店舗を持たず、インターネット上での取引を中心としている銀行』

の事を言います。

 

対面接客の無い銀行と聞くと

ちょっと怖いイメージがあるかもしれませんが、

ネット銀行には様々なメリットがあるんですよ(*^-^*)

 

・窓口に行く必要がなく、24時間いつでも口座残高照会や振込みなどが出来る

・普通の大手銀行に比べて金利が高い事が多い

・振込みや入出金手数料のサービスが有る銀行も多い

 

 

ざっと挙げただけでもこれだけのメリットがあるので

今ではネットビジネスをしない人でも

普段の生活口座としてネット銀行を使う人が増えているんです。

 

それでは、今回はkentのオススメする

2つのネット銀行をご紹介させて頂きます!

両方登録しても良いですし、片方だけでも良いので

是非ともこの機会にネット銀行の口座を作って下さいね♪

 

ジャパンネット銀行

 

ネット銀行の老舗中の老舗です。

色々なネットサービスと提携している事も多く

ネットビジネスに使っている人も多いのでオススメです。

 

では、さっそくジャパンネット銀行の

口座開設方法を見ていきましょう。

 

以下のリンクから公式ページに移動して下さい。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

ジャパンネット銀行 公式ページ

 

移動しましたら画面左側の

『口座開設』をクリックしましょう。

 

 

普通預金口座の方の『申し込み』をクリックして下さい。

 

 

お客様情報の入力画面に写りますので、

各項目を入力してください。

 

 

キャッシュカード選択

どちらでも構いません。Tポイントが付くかどうかです。

お好きな方を選んで下さい。

 

漢字氏名 ~ メールアドレス

あなたの情報を入力して下さい。

 

勤務先について

あなたの勤務先の情報を入力して下さい。

 

お取引目的のご確認

当てはまる項目を選択して下さい。

何を選んで頂いても口座開設に影響はありません。

 

下記内容へのご同意

『同意します』へのチェックを忘れないで下さいね。

 

本人確認資料の書類送付方法を選択

『書類送信アプリで送信』が、口座開設までの期間が一番短いのでオススメです。

『申し込み書類を印刷』では、申し込み書類をプリンタから印刷し、記入した物を郵送でやり取り

『申し込み書類を取り寄せ』では、申し込み書類をジャパンネット銀行から送って貰い、それがあなたのご自宅に届いた後、必要事項を記入して郵送でやり取りとなります。

 

ここでは、書類送信アプリで送信のやり方をご説明しますね。

 

全て入力しましたら『同意して次へ』をクリックしましょう。

 

 

内容確認をして、お間違いがなければ

画面右下にある『上記の内容で申し込み』をクリックしましょう。

すると、画面が切り替わって受付番号が発行されます。

 

 

この番号は無くさないように気を付けて下さいね。

 

また、登録が完了しましたら、

あなたが登録したメールアドレス宛に以下の様なメールが届きます。

(メールが届くまで、しばらく時間がかかる場合があります。)

 

 

こちらのメールにも受付番号が記載されているので

お間違いないか確認をして下さい。

 

番号に間違いがなければ、

メールに記載されているURLから書類送信アプリのダウンロードと

そうさ手順を説明してくれる公式サイトにジャンプするので

そちらを確認しながら書類送信を行っていきましょう。

 

確認書類の受理がされましたら、以下の様なメールが来ます。

 

 

これで登録が完了です。

あとはデビットカード機能付きキャッシュカードが送られてくるのを待ちましょう。

これでジャパンネット銀行は完了です。

 

楽天銀行

 

次に、楽天銀行についてのお話しです。

楽天銀行もジャパンネット銀行と同じく古くからあるネット銀行で

大手ショッピングサイトの楽天との結びつきも強いです。

 

代表的なものとして、

銀行振込を行う時の振り込み手数料を

楽天ポイントで支払ったりすることも出来ます。

 

また、楽天銀行もネットビジネスをしている方で

口座を持っている方が多いので作っておくとお得ですよ(*^-^*)

 

それでは、楽天銀行の口座開設についてご説明してきますね。

まずは、以下のリンクから楽天銀行公式サイトへ移動しましょう。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

楽天銀行 公式ホームページ

 

楽天銀行のホームページに移動しましたら

画面右側の『口座開設』をクリックしてください。

 

 

楽天会員の方かそうでないかで登録方法が異なるのですが、

今回は楽天会員で無い方向けにの内容でご説明していきます。

 

ちなみに、楽天会員の方であれば

会員IDとパスワードを入力して進んで行きましょう。

 

楽天会員で無い方は、『楽天会員でない方 口座開設のお申込み』

をクリックして下さい。

 

 

楽天会員に登録するお客様情報を入力する画面に移りますので、

各項目に入力をして下さい。

 

お客様情報

名前 ~ 生年月日 まであなたの情報を入力してください。

次にあなたが日本国籍の方であれば、

生年月日の下にある項目はチェックを外しましょう。

 

同じく、米国人か?居住地は日本か?という質問と職業欄にも

あなたの該当する項目にチェックを付けていって下さい。

 

 

連絡先情報

あなたの住所、電話番号、メールアドレスを入力して下さい。

 

 

口座の利用目的

該当する目的を入力して下さい。

 

 

本人確認方法

『アプリを利用する』か『配送を利用する』のどちらか希望する方を選択して下さい。

基本的にはアプリを利用した方が口座開設が早いので

僕はアプリを利用する方を推奨しております。

 

 

キャッシュカードの種類

『デビット機能付き』『クレジット機能付き』『キャッシュカード』

の3種類の中から希望するキャッシュカードの種類を選択して下さい。

僕はクレジット機能付き、もしくはデビット機能付きをおススメします。

僕の様に事情があってクレジットを作れない人は

デビット機能付きのカードを作った方が後々何かと便利かと思います。

 

 

デビットって何?という方もいらっしゃるかもしれませんが、

デビットに関してはこちらの記事で説明しておりますので見て下さいね。

 

銀行口座 追加・オプションサービス

必要な物がありましたらチェックを付けて下さい。

 

ここまで入力が終了しましたら『次へ』をクリックして進みましょう。

登録情報の確認が出てきますので、確認して間違いが無ければ

『申込み情報に誤りがないか確認し、規定等に同意して申し込む』

をクリックして下さい。

 

これで登録は完了です。

『お客様登録番号』が発行されているので、

無くさないように管理しておきましょう。

 

 

登録したメールアドレスの受信ボックスを開くと

このようなメールが来ているかと思います。

 

 

このメールに記載されている『本人確認書類とは』のURLをクリックすると

本人確認書類送付方法を確認するWebページにジャンプします。

 

 

ここから本人確認書類を報告すると

楽天銀行の登録が完了となります。

 

 

まとめ

 

ネット銀行はネットビジネスをしていく上で

本当に重要なツールとなります。

 

また、普段の生活口座として使う分にもメリットがあるので

是非ネット銀行を作っておきましょう。

 

ただし、1つだけ注意して欲しいのですが、

ネット銀行は対面式の店舗がありません。

 

その為、自分で設定した口座の暗証番号や

ID、パスワードなどを忘れてしまうと

再発行手続きがかなり面倒、かつ時間がかかります。

 

場合によってはその口座が1~2週間使えなくなる事もあるので

暗証番号、ID、パスワード等は必ず忘れないように管理しておきましょうね。

 

それでは、お疲れ様でした。