今回はFTPソフトのFileZillaとエックスサーバーを接続する方法について

図解付きでご説明していきます。

 

まだFileZillaをインストールされていない方は

こちらの記事を参考に、インストールを行って下さい。


 

FileZillaのショートカットを作成しよう

 

FileZillaインストール直後はショートカットが作成されておりませんので、

一度画面を閉じてしまうと毎回検索しなければいけません。

今後よく使うようになるので、最初にショートカットを作成しておきましょう。

 

まずは、画面左下の【ここに入力して検索】をクリックし

その中に【FileZilla】と入力しましょう。

 

 

検索結果一覧の中にFileZillaが出てきたら右クリックして

タスクバーにピン留め】を選びましょう。

 

 

すると、画面下のタスクバーにFileZillaのショートカットが作成されます。

 

 

画面の見方を覚えよう

 

タスクバーのショートカットアイコンをクリックし

FileZillaを起動しましょう。

 

 

立ち上がった画面の左側を【ローカルサイト

画面の右側を【リモートサイト】と呼びまして、

ローカルサイトには、あなたのパソコンのファイルやフォルダを

リモートサイトには、サーバー上のファイルやフォルダを

それぞれ表示しています。

 

 

現状、まだサーバーと接続がされていない為

リモートサイトは空欄になっています。

 

FileZillaとエックスサーバーを接続しよう

 

 

エックスサーバーを契約した際に

■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ (試用期間)

というタイトルのメールが届いているはずなので確認をしてください。

エックスサーバー契約時にGmailで登録していれば検索する事も出来ます。

 

 

メールを開いて、画面を下にスクロールすると

FTPホスト】【FTPユーザー】【FTPパスワード】という項目が出てきますので

これらの項目をFileZillaに入力していきます。

 

 

FileZillaを起動し、

①画面左上のファイルをクリック

②サイトマネージャーをクリック

の順番で、サイトマネージャーを開きましょう。

 

 

サイトマネージャーが開いたら新しいサイトをクリックしましょう。

 

 

好きな名前に変更にしておきましょう。

ここでは、『エックスサーバー』としておきますが

実際の登録時はあなたの好きな名前を入れて下さい。

 

 

 

名前の変更が完了したら、右側の項目に入力をしていきましょう。

①メールから【FTPホスト】の項目をコピーし、ZileZillaの【ホスト】の欄に貼り付けます。

②ログオンの種類を【匿名】から【通常】に変更します。

③メールの【FTPユーザー】の項目をコピーし、ZileZillaの【ユーザ】の欄に貼り付けます。

④メールの【FTPパスワード】の項目をコピーし、ZileZillaの【パスワード】の欄に貼り付けます。

⑤全て操作が完了したら、【接続】をクリックします。

 

 

接続】をクリックした後に

不明な証明書】というウインドウが表示される場合がありますが、

その時は【ok】をクリックしてください。

 

全て入力が完了しましたら、

リモートサイトに情報が表示されるようになりました。

 

 

これでFileZillaとエックスサーバーの接続についての説明は終了です。

次回はFileZillaの使い方についてお話をさせて頂きますね。

 

それでは、お疲れ様でした。